トップページ > 弁護士費用担保特約制度について

弁護士費用担保特約制度について

弁護士費用担保特約とは

ご依頼主様が被害者で、加入されている自動車保険に、「弁護士費用担保特約」がついている場合には、弁護士費用はその特約によって保険会社から支払われます。この特約では通常300万円まで弁護士費用がでます。

このような特約のことを弁護士費用担保特約と言います。当事務所では、弁護士費用特約でのご依頼も受け付けております。

弁護士費用担保特約ご利用時の標準弁護士費用

弁護士費用担保特約を利用される場合の標準的な基準は以下のとおりです(但し、事案によって異なる場合があります。)。
ご参考までに記載させていただきます。

ご加入の自動車保険に「弁護士費用担保特約」がついていない場合の弁護士費用はこちら

着手金

  1. 損害見込額が125万円以下の場合:金10万円
  2. 損害見込額が125万円を超え300万円以下の場合:見込額の8%
  3. 損害見込額が300万円を超え3000万円以下の場合:見込額の5%+9万円
  4. 損害見込額が3000万円を超え3億円以下の場合:見込額の3%+69万円
  5. 損害見込額が3億円を超える場合:見込額の2%+369万円

報酬金

  1. 賠償額・保険金が300万円以下の場合:損害額・保険金の16%
  2. 賠償額・保険金が300万円を超え3000万円以下の場合:損害額・保険金の10%+18万円
  3. 賠償額・保険金が3000万円を超え3億円以下の場合:損害額・保険金の6%+138万円
  4. 賠償額・保険金が3億円を超える場合:損害額・保険金の2%+738万円

▲PageTop

担当弁護士

弁護士

植西 輝実
うえにし てるよし

弁護士事務所

植西輝実法律事務所

所属委員会等

交通事故委員会(大阪弁護士会)

弁護士紹介ページへ

最新のご相談事例

事例・判例検索のページへ